モンスト 映画ガチャ、排出率について!


モンスト 映画ガチャ、排出率について!

 

 

株式会社ミクシィ内のスタジオ「XFLAG」から配信されているアクションRPGアプリゲーム「モンスターストライク」、略して「モンスト」。

 

 

期間限定キャラクターを含めて約1万体の仲間モンスターが存在しており、彼らと一緒に様々なクエストに挑戦し、勝利して報酬を獲得します。

 

 

プレイヤーは指でボールのなった仲間モンスターを引っ張り、敵に当てて攻撃ができます。日本国内だけではなく、海外からでも多くの人気を集めています。

 

 

2015年にオリジナルアニメがYouTubeにて配信され、2016年に劇場版が公開されました。

 

 

モンスト劇場版の公開記念として、期間限定のスペシャルガチャが実装され、合計7体の期間限定キャラクターが存在します。

 

 

今回は、モンストにおける「モンスターストライクTHE MOVIE」ガチャで入手できる限定キャラクターの排出率を発表したいと思います。

 

 

ただし、これはあくまで個人的に調査して出た結果であり公式ではないため、多少の誤差があります。

 

 

「時の番人 エポカ」の異様な排出率

モンスト劇場版の公開記念ガチャ「モンスターストライクTHE MOVIE」。一度「10連」でガチャを引いた方なら体験している事だと思いますが、限定キャラクターである星5の「時の番人 エポカ」の排出率は、苦笑いをするほどあまりにも高すぎます。

 

 

10体の中に半分以上を占めるという「エポカ」率で、いとも簡単に運極モンスターにできてしまいます。もしくは「10連」ガチャを引いて「エポカ」だけしか出てこないという、嬉しような嬉しくないような複雑な気持ちになります。

 

 

それを数字で表してみれば、「エポカ」の排出率はなんと50%を超えており、最も当たりやすい仲間モンスターでした。

 

 

汎用性は高く性能も優れているものの、出現しすぎるのも困りますよね。

 

 

「伝説の赤竜 オルタナティブドラゴン」の排出率

「伝説の赤竜 オルタナティブドラゴン」は、モンストにおける初登場の仲間モンスターであり、劇場版の中にしか登場していなかったため、今回のスペシャルガチャの目玉です。

 

 

その排出率は数字にして表すと1%に達する事なく、200回ガチャを引いても出現しない可能性があります。

 

 

しかし、こちらのキャラクターは特化した性能がなく、性能的に代用できるキャラクターは少なくありません。

 

 

ですから、わざわざ「オルタナティブドラゴン」を狙ってガチャを引く方はあまりいませんでした。

 

 

排出率が最も低い仲間モンスター

数字だけを見ると「伝説オルタナティブドラゴン」の排出率はすでに低いのですが、それよりも排出率が低い仲間モンスターが存在しています。

 

 

それは星6の映画仕様で出現する「福音ノ聖者 天草四郎MV」です。通常の「天草四郎」は本来であれば激獣神祭ガチャでしか入手できないため、汎用性はやや低めかもしれませんがとても貴重なキャラクターです。イラストも通常とは大きく異なっています。

 

 

スペシャルガチャ「モンスターストライクTHE MOVIE」を獣神祭や激獣神祭などと比べてみれば、限定キャラクターの排出率はやや高めだと思われますが、あくまで劇場版に登場したキャラクターを主役として扱っているため、特化した性能や新しいスキルなどが存在しません。

 

 

それでも、かなり使えるキャラクターですから、無理して引かなくても良いだと思います。無料で引ける特別アイテム「オラ玉」だけを使用するのをオススメします。




ところでモンストでガチャを何回も引いて、最強のキャラを揃えてみたいと思いませんか?


そう思ったあなたには、最後まで読んでくれたお礼にガチャを何回も引く裏ワザをご紹介します。