モンスト SSの倍率について!


モンスト SSの倍率について!

 

 

はい、ごきげんよう。モンストユーザーの皆さん。ファイナルファンタジーシリーズは捗ってますか?私は…というと。

 

 

やりたいにも関わらず、上方修正がかかってしまった三蔵法師なんかモン玉で当たってしまったもんだから育成に追われてます。

 

 

とはいえ、どこで使うんだよ、コイツ感は拭えないんですが、当たってしまったものは仕方がありません。タスカン&レベルMAX。

 

 

わくわくの実は「同属の絆・加撃」の特級です。さて、今回はストライクショットの倍率についてです。

 

 

非常にややこしい

ハッキリ言いましょう、進化、神化、獣神化とあって更にキラーや属性の干渉もありますので非常にややこしいです。

 

 

例に挙げますと、メテオSSの威力の計算方法は、全モンスター共通で攻撃力×メテオ倍率。攻撃力が25000だとします。

 

 

それで倍率が20倍のモンスターの場合、威力は50万となる計算になります。

 

 

つまり、メテオSSの威力に依存するのは素の攻撃力になります。攻撃力が20000だとしてゲージ成功時が24000だとしてもですが。

 

 

元の攻撃力20000の状態に倍率がかかる計算になるわけです。凄くややこしいです。

更に属性やキラーも反映されるとすると。

 

 

計算するのが面倒くさい!!ってなるくらいに複雑な状況になるわけですね、はい。

 

 

他の例を挙げてみます

お馴染みですが壁ドンSSのダメージ計算でもしてみましょう。

 

 

武蔵坊弁慶(進化)のSSを複数のシールドに分割して当てた結果です。これをもとに壁ドンSSのダメージ計算をしましょう。

 

 

弁慶の通常の攻撃力がゲージ込みで26917、対水属性なので×1.33倍となり35800となりますよね。って言われてもピンときませんかね。

 

 

そして弁慶のSSは壁に触れるたび攻撃力がプラス75%ずつ増加されていくので、壁接触時のアップ値は35800×0.75=26850となります。

 

 

(属性倍率抜きの場合は割愛します。)

 

 

接触回数0回で35800。1回で62650。2回で89500。3回で116350。4回で143200。5回で170050。6回で196900となります。

 

 

現実的な壁ドン回数を考えるとおおよそこの程度が限界でしょう。壁と敵の隙間に挟まってるなら話は別ですが。

 

 

そのような状態になった場合は、おそらくですが計算などする必要性も無いくらいにワンターンキルでゲージが吹っ飛ぶはずですし。

 

 

キラー倍率について

これはもう属性も入ってくるとキラー、キラーM、キラーL、キラーELで桁外れな数字を弾き出しますので計算が大変です。

 

 

極端な話をしたら、それこそクアトロキラーMの獣神化サタンはどうなってくるんだって話になってしまいますしね。

 

 

オールアンチのストライクショットで加速入れて、横カンで弱点往復したら訳分からない数字になります。パワー型ですし。

 

 

それこそ紀伊の「51センチ砲を味わうのじゃ!!」なんて属性無視でもキラー倍率が入って桁外れです。

 

 

属性倍率をかけてツクヨミを何回ワンパンしたか分かりませんが。凄まじい破壊力になってきます。いや、恐ろしい…かな。

 

 

しかし、いまだに私自身はコラボのカヲル&マーク…の「カシウスの槍」の記録は塗り替えられてないです。1億4000万出ましたからね。

 

 

まぁ、単体ではないので実際に単体でどれだけ出たのかは定かではないですが…。

 

 

さて、今回はストライクショットの倍率の話でした。これはかなり複雑な計算になってくるので…ストライクショットの種類によっても変わります。

 

 

ですので、詳しく知りたいなって方は、WEBで検索すると結構な数が転がってますので参考にしてもいいのでは?では、また。




ところでモンストでガチャを何回も引いて、最強のキャラを揃えてみたいと思いませんか?


そう思ったあなたには、最後まで読んでくれたお礼にガチャを何回も引く裏ワザをご紹介します。